河川プールで暑さを吹っ飛ばす夏休み

暑くて夏休み中の娘もいるので、一時間半の距離をドライブがてら遊びに行ってきました。

朝からお弁当を作り、ワンタッチ式のテントを持参していざ出陣。

プールに着いたのは朝10:30の事です。まだ午前中なのに多くの家族がすでに遊んでいました。

私はさっそく汗だくになりながらテントの場所を確保し、ポンっとテントを広げ荷物を運び込みました。

子供達と自分も着替えシャワーを浴びてプールに入りました。普通のプールと違い、河川から直接引いた水なのでとっても冷たい!シャワーはこんなに冷たくなかったのに。一瞬で汗が引きました。

あらかじめ家出膨らませていた浮き輪を長女に渡すと上手いこと泳いでいました。幼稚園てプールの時間があるからだなぁと感心しました。

次女はというとまだ普通の浮き輪じゃ危ないので股付きタイプをもってきたのですが、怖い怖いと大絶叫。泳がせるどころではなくなったので抱っこしてプールに入りました。

しばらく泳いでいると、プールの監視員さんが一時間に1度プールからあがるようにと放送していました。

自分たちだけでは気にしないはずなので、親切なプールだなと思いました。そろそろお昼時になったので、お弁当にする事にしました。子供達の好きなおかずを沢山作ったので大喜び。いつも食の細い次女も卵焼きを頬張っていました。

少し休憩を挟んでプールの下にある川に探検に行きました。川は足首程の浅さで小さな子供にも危なくないので用意していたバケツと網を持って行きました。

小さな沢ガニや小魚、カエルなどの生き物がいて、少し捕まえて観察させてあげました。間近でみる小動物に興奮してまた喜んでくれました。

夢中で遊んでいるうちに暑さも忘れ、時間もあっという間に過ぎました。まだ遊びたそうでしたが、家まで遠いので、また来ようねと約束し家路につきました。

帰りの道中、遊び疲れた娘達はぐっすり夢の中。自然の涼みを体感した1日になりました。